ゼロゼロ物件のリスクをお伝えします

お部屋探し
ゼロゼロ物件(イメージ)

ゼロゼロ物件ってご存知ですか。
礼金0円、敷金0円の賃貸物件の事です。そのまま派生して仲介手数料が無料だったり、フリーレントといって入居時からの家賃発生を1ヶ月~3ヶ月程度無料にしたりするものも含め、賃貸物件に入居する時の契約金を軽減してあげましょうという物件のことです。

ゼロゼロ物件の実情

通常賃貸物件に入居する場合、およそ家賃の3~5ヶ月分の費用が最初にかかります。

それを無くして格安で入居できるというのですから、そりゃ夢のようで、ホントですか?と疑いたくなるのが普通の人です。
礼金とはお礼金ということで、賃貸物件のオーナー様に入居させていいただきますとのお礼の意味を込めた費用の事で、その名の通り返金されるものではありません。
しかし敷金は預り金で、入居時に支払ったものの、預けているだけで退居時(解約時)には戻ってくるお金です。

敷金無しの落とし穴

わたくしは礼金が無い物件は純粋に良い物件と思いますが、敷金が無い物件はどうなんだい!?と思っております。

敷金(預り金)が無い契約とは、オーナー様にしてみれば、入居者様が暮らしているあいだに支払う家賃に保険がかかっていません。万が一滞納が有った場合、損害賠償やら強制退去にせざろう得ない状況が即やって参ります。

入居者様も支払わないつもりはないけれど、ついうっかりや忙しくて支払いに行けないなどの理由も有るでしょう、そんな場合に容赦ない督促が待っていることを覚悟せねばなりません。

それってどうなの!?

敷金は信頼関係の証

賃貸借契約は貸主、借主の信頼関係の中で成り立っております。それがほんのちょっとの手違いで崩壊してしまいます。それはとてもよろしくないことと思います。

借主様にしてみれば、目先の費用の安さに飛びつきたくなる気持ちはわからなくはないですが、その後のリスクが大きい事を知っておくべきです。

貸主様も初期費用を安く抑える事で、入居率が向上することは間違い無いかもしれませんが、一旦信頼関係が崩壊するとその後多大な労力をかけなければならない場合があります。
もしかするとその役目を弊社のような管理会社が担う場合もあります(うへぇ)、どうかご勘弁願います。

家賃滞納は一定数あるのは覚悟ですが、もし敷金預かりが無かったら、おそらくその滞納者に対しては厳しい態度で臨むものと思われます。そのぐらい敷金預かりとは大事なことなのです。

契約金は礼金、敷金だけではありません

「タダほど高いものは無い」とはよく言ったもんです。

またゼロゼロ物件は表面上礼金0円、敷金0円ですが、保証会社への加入は必須でしょうし、実際にはよくわからない費用が発生したり、管理料がバカ高かったり(管理料は礼金敷金に含まれない)、結局たいして安くならなかったなんて話もよく聞きます。

賃貸物件の契約時は家賃、礼金、敷金がクローズアップされますが、実際に住み始めてから発生する家賃支払い、また更新料、そして退居する時のクリーニング代など、トータルでかかる費用について、全部を最初の入居の時点で把握するのは不可能かもしれませんが、可能な限り知っておくのがベストです。

ご案内する仲介業者は当然答えてくれます、臆せず訊き倒しましょう。

何故ゼロゼロ物件なのか

ゼロゼロ物件が100%悪いとは申しませんが、お部屋探しのお客さまは、なぜゼロゼロ物件なのかを理解されることをおすすめいたします。

ウラが有るんですよ・・・見抜いてください。業者の一方的な話だけで決めちゃだめですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました