マスキングテープの跡が残る

暮らしのアドバイス
可愛い柄がたくさん!

最近でもありませんが、マスキングテープをファッション感覚で使う方法が流行っております。
もともとは塗装する時などの保護用テープですが、簡単に貼れて簡単に剥がせるので、ちょっとした装飾や梱包などに使うことが増えました。

そのようなおしゃれな使い方をするマスキングテープは「マステ」なんて略称されたりしますね。

マスキングテープの良し悪し

その装飾用の「マステ」もどんどん進化してきて、壁紙用のマスキングテープなども登場しました。賃貸物件に暮らしている方などは、お部屋のイメチェンやおしゃれ感アップに活躍すると思います。
今はそんな壁紙用のマスキングテープも有りますが、通常の「マステ」も色、柄などデザイン豊富で、アイデア次第でいろいろな用途に使う事が出来ます。

また手軽に誰でも出来るので、気楽に貼っていけます。
ペタペタ、ペタペタ、思うところ何でも何処でも・・・。貼る貼る貼る貼る・・・。


でもね・・・手軽さゆえ悪いところも有りますね・・・

タイトル通りです。


跡が残るのです。

マスキングテープを貼る時はご注意ください

マスキングテープ全部が悪いとは言いません。
ただ製品によっては、質の悪いものが存在します。

使用用途によるのかもしれません、質の悪いテープをちょっとしたメモ程度で使うのならば問題ないですが、その程度のマスキングテープを壁などに貼ったりすると問題になってしまうのかもしれません。

また貼ってからの時間もあると思います。
長期間貼ったままにしておくと、剥がした時に粘着物や柄が残ったりします。


・・・かなりやっかいですよ。

エアコンがえらい事になった

写真ご覧ください。

何か変です。(LOVE♡だらけ)


まぁ、もともとのエアコンも古く、もう交換かなってレベルですが。古いからってこのようにしてしまうのはどうかと思います。

暮らしているあいだマスキングテープを貼り続け、いざ退居の時に剥がしたらこうなりました。

見事なくらいにがっちり転写されており、クリーニングで落ちません。


・・・恐るべしマスキングテープ。

短期間で剥がす事を推奨します

そもそも養生用のテープです、長期間貼り付ける事は前提にありません。

それでも最近の「マステ」は長期間貼り付ける事を前提として作ってあるのでしょうか、ならば粗悪品がこのような事になりかねないという事でしょうか。

他可能性としてあるのは、日当たりの良い壁に、模様のように貼り付けたテープが、日焼けして残るなどのパターンもあると思います。
まるで人が日焼けしたように跡として残るのです、恥ずかしい事書いてあったりするとみっとも無いですね。

そういえば以前、中国人留学生が日本の各地図(本州・四国・九州・北海道)のマステ(というかシール)を壁紙に貼っていて、退居時日焼け跡となって壁紙弁償したケースが有りました。

日本大好きという点では、良かったのですが・・・。
若干北海道の位置が違っていた事は本人に指摘しておりません。

マスキングテープ利用のネット情報に注意

マスキングテープのいろいろな利用方法を扱ったサイトがネットには多数有ります。
それらサイトにも、跡が残るような事は書いてありますが、あくまで注意事項として書いてあるだけで、重要事項としては書いてありません。

自分のモノがある程度ダメになったところで自己責任ですが、賃貸物件の設備備品がダメになれば弁償です。
場所が悪ければ相当な負担金になる可能性が有ります。
ただ貼っていただけなのに・・・。


ちょっとしたつもりで貼っただけが、大きな代償となる場合が有ります。
ご注意くださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました