コロナの影響で家賃が払えない

時事ネタ
10万円の給付もありがたいですが・・・。

新型コロナウィルス終息の兆しが見えたものの、まだまだ予断を許されない現在です。

世の中の経済状況の悪化により、契約社員の雇止めだったりアルバイトに入れなくなったなど、現金収入が突如として無くなってしまった方々が、弊社管理物件に入居している方にもいらっしゃいます。

無収入となってしまった入居者様

割合は少ないですが、管理物件の中に一般入居者様がいらっしゃいます。
当然働いている方がほとんどですが、その職種の環境によっては、モロにコロナの影響を受けてしまった方がいらっしゃいます。

契約社員として働いていたようですが、契約更新しないとの通知があったようで、今後の予定がすべて白紙となったようです。

当然発生する家賃もろもろ・・・、とりあえずは貯蓄を切り崩して暮らしていくことになるのでしょうが、それもいつまでもつことやら。

そんな切羽詰まった入居者様がこんな書類を持ってきました。

入居住宅に関する状況通知書

ネットで見つけたひな形です、若干書式違いました

「入居住宅に関する状況通知書」

ここに暮らしている事を証明しますよ。との書類です。

賃貸物件に暮らす方が、家賃はいくらだ、いつから入居しただ、などを記載して役所などに提出します。
役所はこれを基に審査を行い、問題なければ家賃の補助を行うようです。
(でもなんだか暴力団とは無関係ですよ、ということを証明したいだけの書類のようにも見えるが)

住宅確保給付金という制度のようですね。

該当する方はご検討してみてはいかがでしょうか。

直接家賃が役所から支払われるようです

申請してから、どのくらいで支払いが始まるのかよくわかりませんが、役所から直接家賃支払いがあるようです。
今回の場合は弊社の銀行口座へ振り込まれるということです。

ありがたいことですね、この制度は。


まあ、この制度を利用しようとする入居者様は、とても真面目でちゃんとした方だと思います。
家賃を支払う事は当然で、収入が無くなってしまったという理由がちゃんとあって、支払いたいのだけど支払えないという方です。
こちらとしてもこういう入居者様ならば安心です。


「コロナのせいで収入が無くなったから家賃が払えない!」

開き直ったように電話してくる方がいらっしゃいます。

「なんとかしろよ」

そういい返します。


こういう物言いをする方は、そもそも普段から滞納してます。
コロナをダシにさらに滞納するつもりなのです。

・・・悪い奴らですね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました