入居者様よりヘルプ!押し売り営業が来た!

営業マン 時事ネタ
営業イメージ(アヤシイ、こんな奴いない)

学生入居者様から電話にて相談が有りました。
インターネットの会社の人が来て、このアパートに新しくネット回線を導入したと言っていました。それに入らなきゃいけないそうで契約しましたが、良かったのでしょうか?
なんだか違うようなのですが・・・。

定番の押し売り営業

久しぶりに来たよ!って思いました。
学生様を狙ってネット代理店が営業をかけます。各戸アパートにポスティングやDMなどチラシを入れて契約を取ろうとします。

それ自体はあちらも営業のお仕事ですから、咎めるつもりはございませんし、逆に咎めたら営業妨害で訴えられてしまいますからよろしいのですが。
よろしく無いのは、管理会社(弊社)と一緒にネット回線を引き込んだような説明をし、契約者(入居者)に勘違いをさせて契約を取ろうとする輩がいることです。

押し売り営業はド定番の有線放送会社

「小早川商事ではそんなネット導入の予定は無いよ、そういうものがあれば必ずお知らせを入れるからね」
「管理会社と一緒にネット導入の段取りをしていると言っていました、小早川商事がやると言っているのならば入らなきゃいけないのかと・・・」
「んなわけあるかい、契約はしちゃったの?クーリングオフの制度もあるから、消費者センターに連絡した方が良いかな」
「書類の準備が有るので、明日また来ることになっています、申込書は書きました」
「申込書だけだね、なら大丈夫だ。業者はどこかな?名刺とか置いてった?こちらから問い合わせてみるよ」
「業者は○○○です。担当は○○って書いてあります」

なんだあそこの会社かよ・・・

インターネットおよび有線放送の大手で、営業がきついと有名です。

弊社もいろいろお世話になっていますので、あまり言えないのですが、学生入居者様からのヘルプとなれば別です。
うちの担当者へ連絡です。

事務連絡のように解決

「うちのアパートの学生さんが、強引に申込みさせられたって相談があったよ。○○さんって営業の方なんだけど」
「あ~そうなんですか、それは申し訳なかったです、説明不足でしたかね。もっとちゃんと営業しないといけませんね。わたくしからその者によく言っておきます、今回の件は無かった事にしておきますね。」

・・・あっさり解決。ただの事務連絡のよう。

学生入居者様へ連絡、もう大丈夫だと。明日来ることはないぞと。
ちょっとびっくりしていました、ものの10分のことです。どんな力が働いたのかと逆に訝し気になる学生入居者様・・・。
いやいや君の為に動いたんだよ、気の弱いところを見抜かれちゃったんだろ、今後は気をつけな。

良き相談者としての管理会社

学生様が住むアパートを狙って、営業が行きます。人生経験の浅い彼等は良いターゲットとなってしまいます。
今回程度ならまだかわいいもんですが、詐欺に近いものも有ります。

弊社も管理会社として、入居者様のお世話をする立場です。あまり入居者様の個人的な部分にまで深入りするつもりは無いのですが、学生入居者様は特に身近に大人と呼べる相談者がいない場合が有ります。

近々に差し迫った事件事故に巻き込まれた場合、初期対応を受ける場面が少なくありません。
学生さんを相手にしていると、こんな業務もひとつとなります。

また何かありましたらお伝えいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました