仲介手数料は何故あんなに高いのか

お部屋探し
賃貸借りるのはお金がかかります、特に仲介手数料!!

賃貸物件を借りたくて、お部屋探しを始めます。

インターネットで検索、ポータルサイトのアットホームやスーモ、ホームズ・・・そんなお部屋探しサイトはたくさんあります。

いろいろ検索した結果、気になる物件を見つけた。
問合せて実際に見てみる。

「おう!思った通り、なかなか良い物件!さすがはオレ!天才じゃなかろうか」

即決め、申し込みをします。

賃料は50,000円、他管理料1,000円、敷金1ヶ月50,000円と礼金無し、仲介手数料は・・・55,000円
ん?55,000円!?

仲介手数料は賃料一ヶ月分+消費税

賃貸物件を借りる際の仲介手数料は、賃料一ヶ月分とその消費税。

ほぼ決まっています(たまに例外も有りますが)。
5万円のところならば5.5万円、10万円のところならば11万円です。


高くね?


だって決めた物件はオレが一生懸命ネットで探して見つけた物件、不動産屋は現場まで連れて行ってくれただけ。
お部屋探しを何も手伝ってないよ。連れて行って帰ってきて55,000円は高くね~か?高いタクシー代だな、おい!


ごもっともなお話かと思います。
でも契約条件はそうなっております、ご理解くださいませ。

「そんな金払えるか!じょーだんじゃないよ」


払わないなら、契約は出来ません=お部屋には住めません


「なんだとぉ・・・。」

法律上は原則0.5ヶ月分、上限1ヶ月分(+消費税)

宅建業法上は上記のようになっています。びっくりしました?
この原則とは、お部屋探し(賃貸物件)の場合、借主(お客様)と貸主(オーナー)双方から0.5ヶ月分づつ報酬をもらう、という方法です。
ただし上限1ヶ月分ならば、依頼者(借主・貸主)の承諾があれば、いずれからどのような割合で報酬をいただいても構わないという仕組み。

そしてほとんどの場合、借主側から1ヶ月分(上限)いただいております。


おいおい・・・承諾なんてした覚えはないよ・・・。


まあそうなりますよね。


契約をする段階で、かならず重要事項説明書という書類の説明が有ります。名前の通り重要な事項を説明する書ということです。
この書類の中に、仲介手数料の項目が有ります。まあ普通に1ヶ月分+消費税額が記載されているでしょう。
この重要事項説明書の説明を受けて、内容を承諾した、署名捺印お願いします。はい仲介手数料一ヶ月分(+消費税)承諾です。ありがとうございました。


え?詐欺か?


こんな流れで支払う事になります。

ほとんどの方は、仲介手数料は家賃一ヶ月分+消費税と理解していただいておりますが、実はこのような方法でいただいております。
決して法律違反では有りません。詐欺でもございません。

パタパタ・・・

売買取引の場合の仲介手数料は売買金額の3%+6万円+消費税(即算法)

不動産取引には賃貸の場合と売買の場合が有りますが、売買物件の仲介手数料は上記通りです。
正確には取引金額の200万円以下の部分は5%、400万円まで4%、それ以上が3%となっておりますが、ほとんどの取引は400万円以上あるのでこんな即算法が有ります。

1,000万円の不動産売買取引だと、(30万+6万)×1.1となり仲介手数料は396,000円となります。
1億ならば3,366,000円です・・・すごいな仲介手数料。


仲介手数料たかっっっ!!!

トヨタ エスクァイア  3,360,000円

不動産仲介業は成功報酬

そんな高い仲介手数料ですが、不動産屋からのご意見(言い訳)をさせていただきます。

不動産仲介業は成功報酬と言われています。
成功報酬とは、仕事が成功した場合に支払われる報酬の事。つまり不動産取引の場合は契約が成立した時に発生する報酬です。

良く聞く成功報酬の業種だと、弁護士が裁判で争って勝訴した場合ですかね。
でも弁護士の場合、最初に着手金とか言って報酬貰いますね、ずるいっすね。


不動産屋の場合は、契約が成立しない限り報酬は有りません。


そう、いくらお客様をご案内しても、日がな一日車で物件ぐるぐる巡ってみても、決めない(入居しない)限り報酬は有りません。
徒労に終わる営業は、なかなかにシビアでメンタルにきます。
まあ世の中の営業なんて、皆同じかもしれませんが。


逆もまた然り、ほとんど何もせずに報酬が舞い降りてくるような場合もあります。
売買契約の取引金額が高額だった場合などは、こんなに貰って良いのだろうかと思う事もあろうかと思います(弊社ではそんな例は無い)。


つまり何が言いたいかというと、ご契約まで至ったお客様は、すべての労務のうちの一部で、残りの多くの労務は無駄とは言わずとも、売上にはなっていないのです。
ご契約いただいたものだけの内容をピックアップすると、そのお客様にとっての仲介手数料は見合わないかもしれないが、その他たくさんの労務の補填をしていただいている。そんな感じ。

だから仲介手数料は高い。


こんな結論となります。

仲介手数料を払うのだから、いろいろ面倒見てもらってください

そんな高い仲介手数料です。
なので入居までのお世話してくれますので、いろいろお願いしてください。

わからない事、知らない事、なんでも訊ねてください。
ガス・電気・水道の契約はどうするの、住民票の移動は?郵便物の転居届け?インターネット契約は?
契約前に受けた重要事項説明に、いろいろな条件や制約事項、賃料条件などの記載があったかと思います。
一つでもそれらと違うような事があれば、すぐに不動産屋に問い合わせてください。

説明を受けていなかった、という理由で何かしらの損害など発生したら、不動産屋は責任を負わなければなりません。
たまに訴訟にまで発展するような事例も有ります。
特に売買取引の場合は、買ったは良いけど話と違った、などという事になると大問題になります。
不動産屋は考えただけでゾッとします。


不動産屋もそういったリスクを負う代わりに、高い仲介手数料が有るのです。


ご理解くださいませ。


さ、そんな言い訳をして、本日も業務に取り組んでおります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました