ゴミ屋敷問題発生(前編)

不動産屋のお仕事
画像はイメージです

たまにテレビでゴミ屋敷問題をニュースやコンテンツとして報道されていたりします。
見たことが有る方は知っているとは思いますが、そのようなテレビで出てくるゴミ屋敷は相当なもので、普通の人には想像できないレベルのゴミ屋敷だったりします。

一戸建ての自宅だったり、賃貸物件の一部屋だったりします。いずれにしてもすざましいゴミの量で、どうやってこの中で暮らしているの???って思います。

本日はそんなゴミ屋敷、弊社でもあるオーナー様よりご相談がありました。
昨年の話ではございますが、ご報告いたします。

テレビに出てくるようなゴミ屋敷だった

どうしてこうなったかの事情はお話出来ません。
とにかくこのゴミ屋敷をどのように処理・解決していったかをお伝えいたします。

本日の内容は写真に刺激的な部分が含まれております。
閲覧はご注意くださいますよう、お願い申し上げます。

汚部屋(おへや)などと揶揄されますが

ゴミ屋敷を汚部屋などと言ったりしますが、ゴミ屋敷と汚部屋とはちょっと違いますね。汚部屋は可愛げがあります。

可愛げがあるってのも変ですが、入居者がいて「すいません、4年間一度も掃除していません」みたいな、入居者の人柄が出ていたりします。汚部屋だって俺は暮らしているんだ、なんか文句あるか!?そんな感じです。

対してゴミ屋敷は、量にもよりますが、ある一線を越えると生命の危機を感じます。
このままではここで暮らしている人は、ここで死んでしまうのではないだろうか・・・そう思えるほど恐怖を感じます。

まあ第三者が思うだけで、当の本人は全くそんな事思ってもいないのかもしれませんが。
こんな状況だって死ぬわけないでしょ、って思っているかもしれません。

汚部屋が昇華してゴミ屋敷。順番としてはこうなります。ゴミ屋敷の方がステージは上です。

では写真いきます(閲覧注意)

一応モザイクかけました。刺激が強すぎるので・・・。

キッチン、ゴミ捨て場じゃないよ。
居間、モザイクがかかっているのはすべてゴミ。

玄関ドアを開けた瞬間に怯みました。
「おおぉっ!!」

「こ・・・これはスゴイ・・・」

と同時に猛烈な悪臭です!

この写真を撮った時は、昨年まだ暑い頃です。残飯の腐敗臭が強烈にしてきます。

「うぇぇ~、気持ち悪くなるぅ・・・。」


二枚目の居間の写真は、そこへ行くのに相当苦労しています。道中すべてゴミです。
平均して40~50cmはゴミが積もっているでしょうか、ほぼ可燃ごみです。


何故にこうなる???

理解不能・・・。

暮らしぶりが想像できないゴミ屋敷

モザイクがかかっていますので、わかりにくいかもしれませんが、ベッドが有り、キッチンには冷蔵庫やガス台などが置かれています。

この状態では寝る事すら普通にはいきません、冷蔵庫なんてゴミが邪魔で開けられないよ。

同様にトイレや浴室もゴミだらけです、どうやって用を足していたのだろう。


現場は写真以上に威圧感があります、圧迫感ですかね。5分と持たずわたくしは出てきてしまいました。

コンビニの残飯やビール・焼酎などの酒類ビンカン、ありとあらゆるゴミが散らかって積みあがっています。
もちろん床など見えません、ゴミの上にゴミを置いて、どれだけの期間でこうなったのかも想像できませんでした。

このゴミ屋敷を処理していきます

依頼はこのゴミ屋敷を片付けるということです。
ちなみに、このゴミ屋敷の当事者はおりません。誰かに処理をお願いしていく事になります。


さてさてどうしたものやら・・・。

知り合いにこのような案件を請け負ってもらえそうな方がいるので、その方に相談してみるか。
費用も含め、時間がどれだけかかるかも、この時点では想像も出来ませんでした。


いやぁ、テレビの中だけの話かと思っていたゴミ屋敷・・・。
実際に見る事があるとは思ってもおりませんでした。

それにしても凄い、凄すぎました。

<つづく>

コメント

タイトルとURLをコピーしました