令和2年度ゴミカレンダー配布

不動産屋のお仕事
市内施設(秦野市健康福祉センター)

以前令和2年度のゴミカレンダーの配布をすると市役所より連絡が有り、昨日その配布物を受け取りに市内施設に伺いました。

一昨年までは毎年郵送にてカレンダーが配布されておりましたが、昨年度から弊社のような市内賃貸物件管理会社には、直接での手渡しとなりました。

市より受け取ったゴミカレンダーを入居者様へお渡ししています。
これも管理会社としての一つの仕事です。

市はゴミの減量化に躍起になっています

時代と共に人口が増え、家庭環境が変わり、ゴミが大量に出る時代となりました。

今、右肩上がりに増えていくゴミをなんとか減らす方向へと、市町村単位でなく全国的にもそういった方向へ向いていると思います。

我が秦野市も可燃ごみの減量化を目指し、家庭からでるゴミの細分別化を徹底し、リサイクル率向上、可燃ゴミの減量を目指しています。

そんな市役所の方針に応じる為に

弊社のような賃貸物件管理会社は、賃貸に住む住民のゴミ問題に直接対応する者です。
市役所としては、こういった管理会社に対して、いろいろ要望をつきつけてきます。

そうですよね、入居者様は不動産会社からの話には耳を傾けやすいと思います。
全部の方がそうなるとは思いませんが、とりあえず市役所からの話と、不動産会社からの話ならば、不動産会社からの話の方が説得力が有ります。


ゴミ捨て場に無造作に散らかったゴミ、分別がなされないで、回収出来ないゴミが残り、それをカラスが散らかしていく・・・。
ひどいもんです、そうなったゴミ捨て場は。

減量化に向けて市役所が取った行動

市は郵送にてカレンダーを配布していたことをやめました。

直接管理会社と接し、切羽詰まった現状を説明し、理解してもらうためです。
毎年2月のこの時期に昨年度より説明会を開くようになりました。
説明会に来ないとカレンダー渡さないよ、後日個別の対応もしないよ、と強硬姿勢です。


賃貸物件に住む住人は、残念ながら一戸建てなどに住む住人よりも、地域との関係性が薄く、ゴミ出しに対するモラルも低くなるのが常です。
ましてや、弊社のある東海大学前という名の通り、学生様が多数を占める地域ではなおさらです。

あいだに入る弊社では、市役所の熱い思いと、入居者様のゴミ出しに対する冷めた態度、笑っちゃうくらいの温度差に、さていかようにいたしましょうかと、どう説明して、どう態度に示せば、みんなちゃんと出してくれるかな・・・。


結構悩んだりします。

市役所にも協力して欲しい

現在の秦野市のゴミの捨て方として、可燃ごみなどと同様にプラスチック製品の回収日が有ります。

ペットボトルやプラスチック製品(食品トレイや包装フィルム、発泡スチロールなどありとあらゆるプラスチック)の回収をするのですが・・・現在は隔週1回ということで、月に2回ほどしか回収日がありません。

わたくしはこれがかなりネックになっているのではないかと思っているのです。


現在の学生様の暮らしぶりを見ていると、このプラスチック製品の出るゴミの量が半端なく多いです。
コンビニで購入した飲食物は、生ごみ以外はほとんどがこのプラスチック製品ではないでしょうか。

そしてかさ張ります。学生様も大変だと思います。

小さなお部屋に分別したプラスチック製品ゴミを溜めておかなければなりません、隔週ですから、下手すると2週間出せません。
学生様一人でも2週間分のプラスチックゴミって相当な量になります。


そして、こうなればこんなに嫌な思いをして保管しておかずに、チョっと可燃ゴミに混ぜてしまえ!と思う学生様がいるのは当然といえば当然で・・・。

わたくしの熱い思いを職員にぶつけてみます

秦野市以外の周辺自治体は、週一回でプラスチックゴミを回収しています。

是非秦野市もそうしていただきたいと思っています。

可燃ゴミ減量を目指すならば、プラスチックゴミを混ぜさせない、市の対応も必要だと思います。


わたくしの熱い思いです。周りの冷めた目との温度差甚だしいです。


昨日その思いを込めて説明会へ行って参りました!

そうしたら新型コロナウィルスの為、説明会は中止!!
カレンダー受け取って終わりかいっ!!!
うぉぉぉ~~~!!!!(一応ご要望欄に書いておきました)

コメント

タイトルとURLをコピーしました